◆劇団東少オフィシャルホームページ◆

ESTABLISHED SINCE FROM 1949

Facebookはじめました!
劇団東少では、ファミリー・ミュージカルをより身近に感じていただくために、各地で行われる公演や稽古の模様などをFecebookで発信します! 是非アクセスいただき、気に入った情報には「いいね!」をしてください。

ミュージカル「孫悟空」
~夢とロマンと冒険の旅立ち!~

孫悟空  渡辺 和貴
三蔵法師 大塚加奈子

牛魔王  宮川 智之
猪八戒  なべきよしお
沙悟浄  菅原 聡史

脚 本  若林 一郎

演 出  源 紀

プロデューサー  相羽源之助

作 曲  神尾 憲一・塩谷 翔

振 付  山本 教子・相羽 源氏

照 明  立川 直也

衣 装  山田いずみ

音 響  木谷 晶代
制 作  深田 倫紀・川島 清和


製 作  三越劇場
制 作  劇団東少

Recommended 劇団東少のおすすめ

2017年 三越冬休みファミリー劇場

1223(土・祝)1227(水)

公開リハーサル 12月22日(金) 開演 午後5時

「入場料 ¥3,700 (プログラム無料進呈)」

場 所:三越劇場(日本橋三越本店本館6階)

〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 「地図」

 

開演 午前11時15分/午後2時30分

上演時間は約2時間です。

入場料:¥3,700


前売開始 2017年 11月1日(水)午前10時~

(全席指定/大人・子ども同一料金/3歳未満無料/消費税込)

 

●お問い合わせ・お申込み

劇団東少:電話03-3377-7483・03-3376-8231

[受付時間]10:00~17:30(土曜・日曜・祝日休み)

インターネット予約劇団東少チケット購入ページ

 

三越劇場:電話0120-03-9354

[受付時間]午前10時30分~午後6時30分

インターネット予約三越劇場チケットショップ

三越劇場の前売初日はお電話・インターネットご予約のみ

12月

午前11時15分

午後2時30分

23

24

25

26

27

かいせつ

三蔵法師が孫悟空・沙悟浄・猪八戒のお供を連れて

天竺へお経をもらいに

夢とロマンと冒険の旅に出かける感動の物語


中国に、世界に名高い「西遊記Jという小説があります。三蔵法師という坊さんが、唐の国(いまの中国)から天竺(今のインド)へ孫悟空・猪八戒・沙悟浄の三人のお供を連れて、仏さまのもとへお経をもらいに、夢とロマンと冒険のながい旅をして、牛魔大王やその鉄扇公主、息子の紅孩児と火焔山で千変万化の戦いをくりひろげ、孫悟空が大活躍する物語です。しかしこの物語の中心になっている三蔵法師はまったくの空想の人ではありません。実在した陳玄奨という、偉いお坊さんをモデルにしています。玄奨は、今から千三百年ほど昔の二十六歳のとき、お経の勉強のために、仏教の起こったインドへ向かいました。ただ1人の旅でしたが、インドにたどり着き十三年間勉強し、お経や仏舎利、仏像、仏画を持ち帰ったのです。玄奨は旅の間に見聞きした国々の様子をしたためた「大唐西域記」という本を書きました。「西遊記」は、この書物がもとになって生まれた物語なのです。今のような物語ができたのは、約四百年ほど前この物語の原作者である呉承恩が、いろいろな登場人物を想定して創り上げたのが、孫悟空を活躍させた「西遊記」なのです。日本で人気が出たのは、約二百年も前でしたが、知恵を働かせる・勇気で悪に立ち向かう・愛情を持って仲間と行動を共にする物語は、現在でも人気が有ります。素晴らしいキャストで贈る劇団東少の、涙と笑いと感動のミュージカル作品をお楽しみください。

キャスト

2017/9/30 トップページ更新

ホームページ内の画像・音声・スクリプト等を著作者に無断で複製・公開上映・転用することは法律で禁じられています。

宮川 智之

(牛魔王)


(株)町田英子事務所所属。出演作:「ジンギスカン〜わが剣熱砂を染めよ」四天王カッサル役、ミュージカル座「マリオネット」モーリス役、劇団東少「日本昔ばなし」巳之吉役、「石川五右衛門」主役二代目石川五右衛門役、「朗読劇レディーマドンナ」二階堂隆一役、「殺しのリハーサル」ロイド役、「大人計画〜キレイ」、「夢から醒めた夢」部長役、「思い出を売る男」黒マスクのジョオ役他多数出演。

渡辺 和貴

(孫悟空)


1985年9月13日生まれ。代表作は「キャップテン翼」「遥かなる時空の中で6」「真・三國無双」「今日からマ王!」「戦国無双」「私のホストちゃんTHE FINAL~激突!名古屋栄編~」「龍が如く」「忍たま乱太郎」(ミュージカル) 他。

劇団東少では「シンデレラ」「眠れる森の美女」共に王子役で出演。

 

大塚加奈子

(三蔵法師)


岡山県生まれ。舞台『マッスルミュージカル』『ブロードウェイミュージカルライブ』『パルレvol.3』主演、『孫悟空』『三銃士』『花・虞美人』『ニッキー』など多数出演。『宮本武蔵外伝』主演では、激しい殺陣とアクロバット見せた。ドラマ『九条礼子3』『マルホの女』『匿名探偵』『人形佐七捕物帳』一人三役を演じ得意のアクションも披露。『赤い博物館』階段落ちを自身で演じ、吹替えのいらないアクションも出来る女優として活躍中。

渡辺 和貴

(孫悟空)

大塚加奈子

(三蔵法師)

なべきよしお

(猪八戒)

菅原 聡史

(沙悟浄)

宮川 智之

(牛魔王)

辻 麗子

(鉄扇公主)
(12/23・24)

泉水 美保

(鉄扇公主)
(12/25~27)

浅見かがり

(紅孩児)

鎌田ひかり

(陳紅)

斉藤 和子

(観音様)

おーのーお

(金龍)

堀籠 成隆

(銀龍)

宇都宮 昇

(青龍)

矢上 竜誠

(赤龍)

新井 晴香

(春麗)

ものがたり

石から生まれた賢いサルの孫悟空、食いしんぼうでばか力のブタの猪八戒、川の妖怪カッパの沙悟浄、この三人が三蔵法師のおともをして、唐(中国)から西の国天竺(インド)の仏さまのもとへお経をもらいに、夢とロマンと冒険のながい旅にでかけます。とちゅう、牛魔大王やその妻鉄扇公主、息子の紅孩児と火焔山で千変万化の戦いをくりひろげる、中国の有名な物語「西遊記」の愉快で楽しいお話を、素晴らしいキャストでおくる涙と笑いと感動のファミリー名作ミュージカルです。

2017秋・冬の公演

ミュージカル「アルプスの少女ハイジ」
~子どもの心にひろがる愛と友情の物語~

原  作/ヨハンナ・スピリ

演  出/源  紀

脚  本/田辺 慶

プロデューサー/相羽 源之助

制  作/深田 倫紀・川島 清和

 

音  楽/神尾 憲一

振  付/山本 教子

美  術/園 良昭

照  明/立川 直也

音  響/木谷 晶代

衣  裳/山田 いずみ

舞台監督/正井 令二

制 作  劇団東少

★バックステージツアー!

―チケット購入者限定企画―

わくわくドキドキの舞台裏ご案内

◆お申込み先着30名様(チケット購入済で6歳以上の方)。

◆伊勢崎市文化会館へ直接お申込み下さい。

◆公演当日13:00スタート(伊勢崎市文化会館ロビーにお集まり下さい。)

Recommended 劇団東少のおすすめ

2017115(日)

場 所:伊勢崎市文化会館(大ホール)「地図」

〒372-0014 群馬県伊勢崎市昭和町3918
JR両毛線・東武伊勢崎線伊勢崎駅より徒歩で約30(タクシー等で約5分)


開演 14:30(開場14:00)
入場料大人 2,200円 中学生以下 1,200円
(3歳以上有料2歳未満親の膝上鑑賞無料)

前売開始 2017年 8月26日(土)

(全席指定/大人・子ども同一料金/3歳未満無料/消費税込)

 

●お問い合わせ・お申込み

劇団東少:電話03-3377-7483・03-3376-8231

[受付時間]10:00~17:30(土曜・日曜・祝日休み)
インターネット予約劇団東少チケット購入ページ


伊勢崎市文化会館:電話0272-23-6070

(9:00~19:00 休館日第2・4火曜日)

「生きているって素晴らしい!」

この作品の魅力は何といっても、「ハイジ」の生き方です。逆境にもめげず、どんな環境に置かれても対応できる素直さ。そして、純真で明るく自由奔放に生きているハイジを見ていると、つい引き込まれてしまうのです。ハイジはいろんな人たちと出会います。頑固一徹なアルムじいさん、元気いっぱいの牧童ペーター、生きるのに精いっぱいのデーテおばさん、いつも人の輪と幸せを願う牧師、やさしい実業家のゼーゼマン、そこで働く家庭教師で猫ぎらいのロッテンマイエル、幽霊ぎらいでユーモアたっぷりの執事のセバスチャン、そして車椅子で生活するちょっぴり寂しそうなクララ、と多彩です。この物語の一番の見どころは、ハイジが車椅子のクララを、何とか自分の足で歩かせようとする場面です。ハイジの気持ちがクララに伝わり、クララは歩けるようになるのです。その二人の愛と友情が舞台いっぱいに広がります。子どもたちに愛と友情の大切さ、ハイジのように「生きているって素晴らしい」と感じてもらいたい作品です。また、芝居と歌と踊りで構成されたミュージカルなので、子どもから大人まで楽しめる作品となっております。

あらすじ

ハイジはデーテおばさんに連れられてアルプスにやって来ました。アルムじいさんに預けられたハイジは、部屋の隅にベッドをつくってもらいました。ベットから見える空には手のとどきそうなたくさんの星、ハイジはうれしくてたまりません。ハイジは山羊飼いのペーターとすっかり仲良くなり、アルムじいさんとも心を通わすようになりました。そして、自然いっぱいのアルプスを大好きになったハイジ。ところが、何ヶ月かたち、デーテおばさんがハイジをフランクフルトのゼーゼマン家に連れていくためにやって来ました。別れることになったハイジとアルムじいさんは、悲しくて胸がはりさけそうでした。フランクフルトのゼーゼマン家に着いたハイジは、足の不自由なクララや家庭教師のロッテンマイエル、執事のセバスチャンと生活することになりました。都会の生活になれないハイジは失敗の連続で、怖いロッテンマイエルさんにおこられる毎日でした。一方、クララは明るいハイジが大好きになり、ハイジと過ごす毎日は楽しくて仕方ありません。ところがある日、夜中に幽霊が出るとうわさがたち、正体を確かめると、幽霊だと思っていたのはハイジでした。ハイジはアルプスに帰りたくて、寝ぼけてひとりで歩き回っていたのです。ゼーゼマンはハイジの気持ちを察して、ハイジをアルプスに帰らせることにし、クララも一緒にアルプスに行かせることにしました。ふたたび山小屋に帰ってきたハイジを、アルムじいさんはしっかりと抱きしめました。そして、ハイジは「クララが自分の足で立ってほしい」とクララの歩く練習を手伝います。歩くことをあきらめていたクララですが、ハイジに励まされて奇跡的に立ち、歩けるようになったのです。

copyright(c) 2014-2017 GEKIDAN TOHSHOU All rights reserved