◆劇団東少オフィシャルホームページ◆

ESTABLISHED SINCE FROM 1949

Facebookはじめました!
劇団東少では、ファミリー・ミュージカルをより身近に感じていただくために、各地で行われる公演や稽古の模様などをFecebookで発信します! 是非アクセスいただき、気に入った情報には「いいね!」をしてください。

2018/4/12 トップページ更新

公演チラシ

ミュージカル

「アルプスの少女ハイジ」
ヨハンナ・スピリ原作

演  出 源 紀

脚  本 田辺 慶

プロデューサー 相羽源之助

制  作 深田 倫紀・川島 清和

音  楽 塩谷 翔

振  付 山本 教子・相羽 源氏
美  術 園 良昭
照  明 立川 直也
音  響 木谷 晶代
衣  装 山田 いずみ

舞台監督 伊藤 勝昭

 

製作/三越劇場

制作/劇団東少

 

Recommended 劇団東少のおすすめ

2018年 三越夏休みファミリー劇場

21(土)25(水)

場 所:三越劇場(日本橋三越本店本館6階)

〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1 「地図」

 

開演11:00/14:30

 

上演時間は約2時間です。

入場料:4,000円 前売り開始 5月14日(月)

(全席指定/大人・子ども同一料金/3才以上有料/消費税込)

★7月20日(金) 公開リハーサル  (詳細下記)

★7月23日(月)24日(火) バックステージ見学 (詳細下記)

 

●お問い合わせ・お申込み

劇団東少:電話03-6265-7070

[受付時間]10:00~17:30(土曜・日曜・祝日休み)

インターネット予約劇団東少チケット購入ページ

 

三越劇場:電話0120-03-9354

[受付時間]10:30~18:30

インターネット予約三越劇場チケットショップ

三越劇場の前売初日はお電話・インターネットご予約のみ

●電子チケットぴあ Tel.0570(02)9999(Pコード485-305)
●イープラス http://eplus.jp(パソコン&携帯)

主役の小川麻琴さんと一緒に
ミュージカル体験ワークショップ

ハイジ公演が
10倍楽しく観れる
夏の思い出に
参加者大募集!!

●ワークショップのご案内

アルプスの少女ハイジ公演の入場券2枚以上お買上げの方に限り、主役・小川麻琴さんと一緒に、歌とダンスと演技の体験ができるワークショップの参加者を募集します。

料 金:1,000円/各50名様限定
対 象:小学生以上(ご父兄の参加も可)

日 程:2018年6月16日㈯

    1回目10:30~13:00
    2回目14:00~16:30
    (どちらかを選択してください)

会 場:芸能花伝舎 東京都新宿区西新宿6-12-30

東京メトロ丸の内線「西新宿駅」徒歩8分

7月

11:00

14:30

21

22

23

24

25

入場券のお申し込みはお電話でどうぞ!!

Tel.03(6265)7070

「生きているって素晴らしい!」

この作品の魅力は何といっても、「ハイジ」の生き方です。逆境にもめげず、どんな環境に置かれても対応できる素直さ。そして、純真で明るく自由奔放に生きているハイジを見ていると、つい引き込まれてしまうのです。ハイジはいろんな人たちと出会います。頑固一徹なアルムじいさん、元気いっぱいの牧童ペーター、生きるのに精いっぱいのデーテおばさん、いつも人の輪と幸せを願う牧師、やさしい実業家のゼーゼマン、そこで働く家庭教師で猫ぎらいのロッテンマイエル、幽霊ぎらいでユーモアたっぷりの執事のセバスチャン、そして車椅子で生活するちょっぴり寂しそうなクララ、と多彩です。この物語の一番の見どころは、ハイジが車椅子のクララを、何とか自分の足で歩かせようとする場面です。ハイジの気持ちがクララに伝わり、クララは歩けるようになるのです。その二人の愛と友情が舞台いっぱいに広がります。子どもたちに愛と友情の大切さ、ハイジのように「生きているって素晴らしい」と感じてもらいたい作品です。また、芝居と歌と踊りで構成されたミュージカルなので、子どもから大人まで楽しめる作品となっております。

ホームページ内の画像・音声・スクリプト等を著作者に無断で複製・公開上映・転用することは法律で禁じられています。

正木 慎也

(セバスチャン)


90年にアイドルグループ「忍者」として「お祭り忍者」でリードボーカルとしてCDデビュー。史上最短記録のデビュー4ヶ月で紅白出場を果たす他、各音楽新人賞を総なめにする。現在は舞台を中心として活動する傍らソロでのライブ活動や元光GENJIの佐藤寛之と

音楽ユニット「DUO」を結成する等、音楽活動も行っている。最近ではバラエティー番組に出演するな等、多方面で活動している

小川 麻琴

(ハイジ)


1987年10月29日生まれ。新潟県柏崎市出身。現在「かしわざき大使」を務める。2001年モーニング娘。5期メンバーとして加入。2006年に卒業後、ニュージーランドへ語学留学。帰国後は舞台を中心に、TV、ラジオ等様々な分野で活動。東洋大学で講師やスマートフォンアプリのプロデュースも務める。2013年TOEIC800点取得し「小川麻琴のドラマチック・イングリッシュ」を出版。2015年フリー転身後も舞台を中心に活躍中。

中山 麻理

(ロッテンマイエル)


東京都生まれ。主な出演作品は、テレビ「サインはV」「無影燈」「絹の家」「おせん」「氷紋」「青春とはなんだ」映画「華麗なる一族」「炎の肖像」「限りなく透明に近いブルー」「新・仁義の墓場」「IZO」舞台 「不信のとき」「明治百年」「じゅんさい物語」「真夏の世の夢」「プロミセス・プロミセス」「あかんたれ」、東少では「シンデレラ」「白雪姫」がある。

鎌田ひかり

(クララ)


1987年 8月 28日 生まれ。群馬県出身。2007年 NHK紅白歌合戦 mihimaru GTバックダンサー。2009年 First mini albam「Wish」 にて全国CDデビュー。舞台「コングラッチュ・ユー」「ぼくンち」「イローション」に出演。楽天イーグルス観衆2万2000人の前にて「君が代」3年連続独唱。LUNA SEAギタリストINORAN「Wherever l go」デュエットリリース。ミュージカル「ら・ら・ら・ららんど」に出演

宮川 智之

(アルム)


(株)町田英子事務所所属。出演作:「ジンギスカン〜わが剣熱砂を染めよ」四天王カッサル役、ミュージカル座「マリオネット」モーリス役、劇団東少「日本昔ばなし」巳之吉役、「石川五右衛門」主役二代目石川五右衛門役、「朗読劇レディーマドンナ」二階堂隆一役、「殺しのリハーサル」ロイド役、「大人計画〜キレイ」、「夢から醒めた夢」部長役、「思い出を売る男」黒マスクのジョオ役他多数出演。

公開リハーサルのご案内

日 程:2018年7月20日(金)
開 演:17:00(開場16:30)

会 場:三越劇場

入場料:2,000円

2階席100名様限定

 

バックステージ見学のご案内

日 程:2018年7月23日(月)
    2018年7月24日(火)
時 間:13:40~13:55

会 場:三越劇場
料 金:無料/先着50名様

対 象:当日の開演14:30公演の入場券お買い上げの方で見学希望の方

あらすじ

ハイジはデーテおばさんに連れられてアルプスにやって来ました。アルムじいさんに預けられたハイジは、部屋の隅にベッドをつくってもらいました。ベットから見える空には手のとどきそうなたくさんの星、ハイジはうれしくてたまりません。ハイジは山羊飼いのペーターとすっかり仲良くなり、アルムじいさんとも心を通わすようになりました。そして、自然いっぱいのアルプスを大好きになったハイジ。ところが、何ヶ月かたち、デーテおばさんがハイジをフランクフルトのゼーゼマン家に連れていくためにやって来ました。別れることになったハイジとアルムじいさんは、悲しくて胸がはりさけそうでした。フランクフルトのゼーゼマン家に着いたハイジは、足の不自由なクララや家庭教師のロッテンマイエル、執事のセバスチャンと生活することになりました。都会の生活になれないハイジは失敗の連続で、怖いロッテンマイエルさんにおこられる毎日でした。一方、クララは明るいハイジが大好きになり、ハイジと過ごす毎日は楽しくて仕方ありません。ところがある日、夜中に幽霊が出るとうわさがたち、正体を確かめると、幽霊だと思っていたのはハイジでした。ハイジはアルプスに帰りたくて、寝ぼけてひとりで歩き回っていたのです。ゼーゼマンはハイジの気持ちを察して、ハイジをアルプスに帰らせることにし、クララも一緒にアルプスに行かせることにしました。ふたたび山小屋に帰ってきたハイジを、アルムじいさんはしっかりと抱きしめました。そして、ハイジは「クララが自分の足で立ってほしい」とクララの歩く練習を手伝います。歩くことをあきらめていたクララですが、ハイジに励まされて奇跡的に立ち、歩けるようになったのです。

5月のお薦め公演

公演チラシ

ミュージカル

「人魚姫」
アンデルセン原作

演  出 源 紀

脚  本 菅井 建

プロデューサー 相羽源之助

制  作 深田 倫紀・川島 清和

音  楽 塩谷 翔

振  付 山本 教子

舞台監督 村井 重樹

美  術 高橋あや子

照  明 立川 直也

衣  装 山田 いずみ

音  響 木谷 晶代

 

主催/㈲劇団東少・(公財)立川市地域文化振興財団

後援/立川市教育委員会

 

Recommended 劇団東少のおすすめ

劇団東少2018年5月公演

201812(土)

たましんRISURUホール
(立川市市民会館)大ホール

〒190-0022 東京都立川市錦町3-3-20

TEL:042-526-1311 FAX:042-512-5693「地図」

 

開   演 :14:00開演(開場13:30)

入 場 料 :2,000円

ムーサ友の会:1,800円

 

前売り開始 :ムーサ友の会先行発売2月2日(金)

       一般発売2月4日(日)

 

大人・子ども同一料金 3才以上有料

 

●お問い合わせ・お申込み

劇団東少:電話03-6265-7070

[受付時間]10:00~17:30(土曜・日曜・祝日休み)

インターネット予約劇団東少チケット購入ページ

 

▶たましんRISURUホール(9:00~20:00) ☎042-526-1311

※発売初日のみ来館10:00~、電話予約は13:00~

▶立川市地域文化振興財団オンラインチケット

 http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp

アンデルセン原作「人魚姫」は、数あるアンデルセン童話の中でも、代表作と言っても過言ではない作品です。アンデルセンの童話が、子どもだけでなく、大人たちをも感動させるのは私たちの人生のように、美しく明るい部分と暗い部分や残酷な面を持っているからなのでしょう。アンデルセンの言葉に「たしかに小さな子どもには理解できない面もあるだろう。また、そのつもりで書かれたものでもない。でも、子どもたちは大人になれば自然にわかってくる。それでいいのだ。ただ好きになってもらえればいい。童話というものは、もともと不思議なものなのだ。」とあります。人魚姫は王子様と結婚することもできず、海の泡になってしまいます。そこには、人魚姫の「自分の命よりも愛した人の幸せを願う心」、純愛があります。人魚姫を通して、子どもたちに夢のような美しさと、人生の喜びや悲しみを深く感じてもらい、逞しく心豊かに生きてもらいたいと願っております。

あらすじ

深い深い海の底、人魚のお城にエルダ、ネクシー、マリーナという3 姉妹の人魚がいました。

一番末の人魚「マリーナ」姫の誕生日の日、マリーナは海の上に出ることが許されました。  ただし、人魚は人間と会うことは許されません。マリーナは心躍らせて海の上に出ます。海の上には人間が乗った大きな船があり、その中では王子様の誕生パーティーが開かれていました。マリーナは王子様を一目見た瞬間に好きになってしまいます。ですが、マリーナは遠く   で見つめることしかできません。すると、突然海は嵐で大荒れとなり、王子様が船から海へ落ちてしまいます。マリーナは   気絶した王子様を助けて海辺へと運び、岩陰ヘ と身を隠します。そこへ隣国の美しい王女様が通りかかり、王子様を見つけます。気がついた王子様は王女様に助けられたと勘違いし、王女様に助けてくれたお礼を言います。王子様は マリーナに助けられたことを知りません。マリー ナはその様子にひどく落ち込みます。王子様を心から愛してしまったマリーナは、 なんとか王子様に会えないかと考えました。   そして考えた末、海の魔女に「人間になりたい」 と頼みに行きます。しかし、欲が深い魔女は  ただでは人間にしてくれません。「お前の美しい声を私にくれるなら…。ただし、人間になっても王子様がお前以外の人と結婚した時には、お前は海の泡となって消えてしまうよ」それ   でもマリーナは美しい声と引き換えに、人間になって王子様に会いに行きます。声が出ないマリーナは、王子様の近くにいるだけで幸せでした。ところが、王子様は隣国の王女様と結婚することになります。思い悩む マリーナが海を見つめていると、そこに現れた のはマリーナの姉、エルダとネクシーでした。   エルダとネクシーは自分たちの長い髪と引き換えに、海の魔女にお願いしてきたというのです。「魔女からもらったこのナイフで、王子様の命を奪いなさい。そうすればマリーナは人魚に戻れるのよ」お姉さんたちからナイフをもらったマリーナは王子様の背後でナイフを構えます。しかし、構えたナイフを下ろします。マリーナには、どうしても王子様の命は奪えなかったのです。

copyright(c) 2014-2018 GEKIDAN TOHSHOU All rights reserved