劇団東少は、1949年創立以来公演活動を続けて半世紀を越えた歴史のある児童演劇の専門劇団です。公演地は、全国的であり、北は北海道から南は九州沖縄までと幅広く、公演日数も年間150日を超え30万人以上の動員をしています。作品は名作から創作まで数多く手がけ、特に子どものための名作ミュージカルは魅力的な舞台を創り、定評があります。1983年からスタートした東京日本橋の三越劇場での夏・冬の三越ファミリー劇場は、定期公演になり、-般公演の少ない児童演劇界でユニークな存在としてその成果を着々と実らせています。劇団東少の子どものための名作ミュージカルは心のやさしさをメルヘンタッチで描き、現代に通じる愛を、芝居・歌・踊りで構成し、涙と笑いを折りまぜながら感動的な舞台を創り、大人にも子どもにも好評を博しております。

演出家ご挨拶

劇団東少の歩み

21世紀に入り世界は益々、環境、経済等大きな問題に直面しております。そして国際的には色々な国々で争い事はエスカレートの-途をたどっております。そこで劇団東少は、21世紀の日本を背負う子供達とそれを支える大人違へ心豊かな、そして優しい人間になってもらいたいと言う強い想いより、情操教育の一助として"愛と涙と笑いと感動"と言う工ンターテイメントを表現し、皆様に少しでも心のオアシスを提供できればと、制作、公演活動に励んでおります。私どものファミリーミュージカルをとおしてのメッセージが平和な世の中になる一助となればの想いで、その時その時の最高のスタッフとキャストでこれからも頑張っていきたいと思います。

 

演 出:源 紀

劇団創立65周年

劇団東少は、昭和24年創立以来、平成26年度をもちまして、創立65周年を迎えました。"戦後"間もない昭和24年、日本の土地と言う土地は荒廃しきって、人の心も情緒のかけらもないそんな世の中をみて、これからの日本を背負っていく人々、特に子供達はこれでいいのか?そんな熱い想いの中から、その復興に少しでも役立てればと劇団を立ち上げました。以来54年、色々な事に出遭ってきた東少ですが、今も創業時の意志を脈々と受けついで、更に将来へとこの想いは少しも変る事がありません。歌と踊りと芝居を通して、自らが悲しい場面に遭遇しなくとも悲しい立場に立つ人の心の痛みが理解でき、我事のように手をさしのべる事のできる優しい人間になって欲しい。そんな気持を込めて、これからも東少のファミリーミュージカルを続けていきたいと思います。劇団東少が贈るファミリーミュージカルは、すべての作品に共通点があります。それは普遍的テーマとして"愛と平和"です。

輝く受賞の数々

厚生省児童福祉文化賞

 

東京都児童演劇祭優秀賞

 

東京都児童演劇祭奨励賞

 

読売児童演劇賞

 

日本児童演劇脚本賞

 

厚生省中央児童福祉審議会特別推薦

 

文化庁地方巡演・こども芸術劇場指定公演

 

東京都教委委属遠隔地公演/大島・三宅島・八丈島・小笠原・新島・神津島・式根島

 

茨城県教委遠隔地指定公演

企業概要

名称/有限会社 劇団東少

創立/昭和24年

資本金/1000万円

公演数/年間約150公演

公演先/全国公立文化施設、文化庁、全国中高等学校、民間企業、その他

定期公演/7月・12月日本橋三越(1983年より)

三越ファミリーミュージカル劇場

 

〒151-0071

住所:東京都渋谷区本町1-50-6

電話 03-3377-7483・03-3376-8231

FAX 03-3377-7592

昭和24年 「コックの王様」「王様の耳はロバの耳」(第1回演劇教室)「床屋の子ども」
25年 「ぶす」(第2回演劇教室)「ピレネーの森の物語」(第3回演劇教室)
26年 「ソフロン博士の金時計」(第4回演劇教室)
27年 「山椒太夫」「豆のにえるまで」(第6回演劇教室)
28年
「絵かきと百姓虫」(第7回演劇教室)「かみなりとお医者様」
29年 「ロビンフッドのゆかいな冒険」
30年 「フォスター物語」
31年 「三銃士」「昆虫物語」「日本の子」(児童劇団コンクール入選)「うさぎの帽子屋さんがさ」(演劇教室)「ジャックと豆の木」
32年 「うぬぼれ兎」(読売児童演劇祭入賞)「むじな干兵衛」
33年 「はだかの王様」「たねもみの歌」「天草四郎」(児童劇団コンクール入賞)
34年 「新猿蟹合戦」(児童演劇コンクール入賞)
35年 「ソンブレロ」(読売児童演劇祭入賞)「むかしむかし山犬太郎」(厚生省児童福祉文化賞受賞)
36年 「むちゃくちゃ小僧」
37年 「シンデレラ姫」
38年 「あしながおじさん」(児童演劇コンクール入賞)「孫悟空」「山小僧と少女」「赤ずきんと狼」「泣いた赤鬼」
39年 「桃太郎」「うぬぼれ兎」
40年 「眠れる森の美女」
41年 「赤い靴」
42年 「ピノキオ」
43年 「むちゃくちゃ小僧」(東京都児童劇団優秀作品)「ちびくろサンボ」(日本バレ工協会推薦)「きつねの悪太郎」
44年 「シンデレラ」「春を告げる鳥」「ずんずくだいじん」
47年 「白雪姫」(厚生省中央児童福祉特別推薦)「水車小屋の悪魔」
49年 「ゆれる銀時計」
50年 「夢みる人」「サーカス物語」「アルプスの少女-八イジ-」
52年 「白鳥になった人形」(厚生省中央児童福祉特別推薦)
53年 「ペテン師は天使」
54年 「目本昔ばなし」
55年 「雪女・しょじょ寺の狸ばやし」
56年 「プリンプリン物語」「ほえろ!しゅてん童子」
58年 「さばく駅の少年夕二一」
61年 「日本昔ばなしパート2」
62年 「舌切雀」
平成元年 「あかずきん」
2年 「3びきのこぶた」
3年 「人魚姫」
5年 「つるのおんがえし」(厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財)「ごんぎつね」
9年 「白鳥の湖」
10年 「アルプスの少女ハイジ」「ごんぎつね・つるのおんがえし」
11年 「シンデレラ」「日本昔話」
12年 「白雪姫」「赤い靴~ドリームドリーム」
13年 「眠れる森の美女」「3びきのこぶた・マッチ売りの少女」
14年 「人魚姫」「ごんぎつね・つるのおんがえし」
15年 「アルプスの少女ハイジ」「日本昔話」
16年 「シンデレラ」「赤い靴~ドリームドリーム」
17年 「白雪姫」「3びきのこぶた・マッチ売りの少女」
18年 「眠れる森の美女」「ごんぎつね・つるのおんがえし」
19年 「人魚姫」「孫悟空」
20年 「アルプスの少女ハイジ」「日本昔話」
21年 「シンデレラ」「赤い靴」
22年 「白雪姫」

copyright(c) 2014-2017 GEKIDAN TOHSHOU All rights reserved