◆劇団東少オフィシャルホームページ◆

ESTABLISHED SINCE FROM 1949

Facebookはじめました!
劇団東少では、ファミリー・ミュージカルをより身近に感じていただくために、各地で行われる公演や稽古の模様などをFecebookで発信します! 是非アクセスいただき、気に入った情報には「いいね!」をしてください。

2018/1/22 トップページ更新

ホームページ内の画像・音声・スクリプト等を著作者に無断で複製・公開上映・転用することは法律で禁じられています。

2018児童青少年演劇祭典 「参加・体験・感動!ふれあいこどもまつり」

シンデレラ
美しい音楽とバレエで綴る幸せの物語


演 出 源  紀

脚 本 北  麦生
プロデューサー  相羽源之助

音 楽 塩谷  翔

振 付 山本 教子・相羽 源氏

美 術 高橋あや子

照 明 立川 直也

音 響 木谷 晶代

主催 「参加・体験・感動!」ふれあいこどもまつり/東京都/公益財団法人東京都歴史文化財団/

共催 公益財団法人品川文化振興事業団、NPO法人品川子ども劇場

後援 品川区、品川区教育委員会

Recommended 劇団東少のおすすめ

2018218(日)
品川区きゅりあん(大ホール)
JR京浜東北線・東急大井町線
りんかい線「大井町」駅より徒歩1分

〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 「地図」

 

開   演:14:30(開場14:00)

入 場 料:一般前売り¥3,000
     :当   日¥3,300

前売り開始:一般前売 2017年11月7日(火)
お問合わせ:劇団東少 03-3377-7483

あらゆる童話の中で、シャルル・ペローの「シンデレラ」は、世界中の人々に愛され続けてきた作品といえるでしょう。又、世界中に何百と同じような話があると云われています。何がそれほど親しまれ、好まれてきたのか……やさしく真面目でいつも微笑みを忘れない素敵な娘が、継母や腹違いの姉さんたちから“灰かぶり”〈シンデレラという言葉は“灰かぶり”と言う意味なのです〉と呼ばれ、いじめられて泣いていましたが、舞踏会で優しい王子様に出会い結婚し、お姫様となり、いつまでも幸せに暮らしました。……このようなハッピーエンドの物語が、万人の心を捕らえて放さなかったのでしょう。「シンデレラ」は、グリム童話では非常に残酷なお話ですが、ペローのお話の「サンドリヨン」〈これも“灰かぶり”と云う意味のフランス語です〉では、魔法使いのおばあさんが登場し、古いかぼちゃを馬車に変え、12 時になると魔法が解けてしまう物語で、一般的に知られているお話です。子どもから大人まで楽しめる感動的なミュージカルです。ぜひ、劇場で夢の世界をお楽しみ下さい。

ミュージカル 眠れる森の美女

演  出 源  紀

脚  本 重森  孝

プロデューサー  相羽源之助
制  作 深田 倫紀・川島 清和

音  楽 塩谷  翔
振  付 山本 教子・相羽 源氏

照  明 立川 直也
衣  装 山田いずみ

音  響 木谷 晶代
舞台監督 正井 令二

主催 参加・体験・感動!ふれあいこどもまつり実行委員会/東京都/(公財)東京都歴史文化財団/劇団東少

共催 公益財団法人江東区文化コミュニティ財団

後援 墨田区/墨田区教育委員会/江東区/江東区教育委員会/江戸川区/葛飾区/葛飾区教育委員会/台東区/台東区教育委員会 協力 墨田区立小学校長会/墨田区立小学校教育研究会児童文化部/東京都小学校児童文化研究会/全国公立小学校児童文化研究会


制 作  劇団東少

Recommended 劇団東少のおすすめ

2018325(日)
亀戸文化センター(カメリアホール)
JR総武線「亀戸」駅北口より徒歩2分
東武亀戸線「亀戸」駅より徒歩2分


〒136-0071 東京都江東区亀戸2-1 カメリアプラザ5F 「地図」

 

開   演:午前 10:30(開場10:00)

      午後 14:30(開場14:00)

入 場 料:一般前売り¥2,500
     :当   日¥2,800

前売り開始:一般前売 2018年1月15日(月)

      会  館 2018年1月10日(水)

 


お問合わせ:劇団東少 03-3377-7483

シャルル・ぺロー原作「眠れる森の美女」は、チャイコフスキー作曲の古典バレエやディズニーの絵本・映画でも製作されおなじみで、世界中の子どもたちに大変親しまれております。劇団東少は、この作品をオリジナルに脚色創作しています。王女様と料理番の娘は、同じ日に誕生します。王女様は、何不自由なく過保護に育てられますが、わがままで思いやりのない娘に育ってしまいます。一方料理番の娘は貧しくても、親から子どもへ、代々受け継がれた糸車を大切にしている心の優しい娘に育ちます。そして白の妖精たちによって王女様は、100 年間の眠りの中で素晴らしい夢を見て、反省し、美しい心に目覚めるという感動的な作品です。劇団東少は、ミュージカル「眠れる森の美女」を通して、子どもたちに、人に対して思いやりの心や優しい心を持つことの大切さを伝えたいと思います。ご家族お揃いでのご観劇を、心よりお待ち申し上げております。

春の公演

公演チラシ

ミュージカル

「人魚姫」
アンデルセン原作

演  出 源 紀

脚  本 菅井 建

プロデューサー 相羽源之助

制  作 深田 倫紀・川島 清和

音  楽 塩谷 翔

振  付 山本 教子

舞台監督 村井 重樹

美  術 高橋あや子

照  明 立川 直也

衣  装 山田 いずみ

音  響 木谷 晶代

 

主催/㈲劇団東少・(公財)立川市地域文化振興財団

後援/立川市教育委員会

 

Recommended 劇団東少のおすすめ

劇団東少2018年5月公演

201812(土)

たましんRISURUホール
(立川市市民会館)大ホール

〒190-0022 東京都立川市錦町3-3-20

TEL:042-526-1311 FAX:042-512-5693「地図」

 

開   演 :14:00開演(開場13:30)

入 場 料 :2,000円

ムーサ友の会:1,800円

 

前売り開始 :ムーサ友の会先行発売2月2日(金)

       一般発売2月4日(日)

 

大人・子ども同一料金 3才以上有料

 

●お問い合わせ・お申込み

劇団東少:電話03-3377-7483・03-3376-8231

[受付時間]10:00~17:30(土曜・日曜・祝日休み)

インターネット予約劇団東少チケット購入ページ

 

▶たましんRISURUホール(9:00~20:00) ☎042-526-1311

※発売初日のみ来館10:00~、電話予約は13:00~

▶立川市地域文化振興財団オンラインチケット

 http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp

アンデルセン原作「人魚姫」は、数あるアンデルセン童話の中でも、代表作と言っても過言ではない作品です。アンデルセンの童話が、子どもだけでなく、大人たちをも感動させるのは私たちの人生のように、美しく明るい部分と暗い部分や残酷な面を持っているからなのでしょう。アンデルセンの言葉に「たしかに小さな子どもには理解できない面もあるだろう。また、そのつもりで書かれたものでもない。でも、子どもたちは大人になれば自然にわかってくる。それでいいのだ。ただ好きになってもらえればいい。童話というものは、もともと不思議なものなのだ。」とあります。人魚姫は王子様と結婚することもできず、海の泡になってしまいます。そこには、人魚姫の「自分の命よりも愛した人の幸せを願う心」、純愛があります。人魚姫を通して、子どもたちに夢のような美しさと、人生の喜びや悲しみを深く感じてもらい、逞しく心豊かに生きてもらいたいと願っております。

あらすじ

深い深い海の底、人魚のお城にエルダ、ネクシー、マリーナという3 姉妹の人魚がいました。

一番末の人魚「マリーナ」姫の誕生日の日、マリーナは海の上に出ることが許されました。  ただし、人魚は人間と会うことは許されません。マリーナは心躍らせて海の上に出ます。海の上には人間が乗った大きな船があり、その中では王子様の誕生パーティーが開かれていました。マリーナは王子様を一目見た瞬間に好きになってしまいます。ですが、マリーナは遠く   で見つめることしかできません。すると、突然海は嵐で大荒れとなり、王子様が船から海へ落ちてしまいます。マリーナは   気絶した王子様を助けて海辺へと運び、岩陰ヘ と身を隠します。そこへ隣国の美しい王女様が通りかかり、王子様を見つけます。気がついた王子様は王女様に助けられたと勘違いし、王女様に助けてくれたお礼を言います。王子様は マリーナに助けられたことを知りません。マリー ナはその様子にひどく落ち込みます。王子様を心から愛してしまったマリーナは、 なんとか王子様に会えないかと考えました。   そして考えた末、海の魔女に「人間になりたい」 と頼みに行きます。しかし、欲が深い魔女は  ただでは人間にしてくれません。「お前の美しい声を私にくれるなら…。ただし、人間になっても王子様がお前以外の人と結婚した時には、お前は海の泡となって消えてしまうよ」それ   でもマリーナは美しい声と引き換えに、人間になって王子様に会いに行きます。声が出ないマリーナは、王子様の近くにいるだけで幸せでした。ところが、王子様は隣国の王女様と結婚することになります。思い悩む マリーナが海を見つめていると、そこに現れた のはマリーナの姉、エルダとネクシーでした。   エルダとネクシーは自分たちの長い髪と引き換えに、海の魔女にお願いしてきたというのです。「魔女からもらったこのナイフで、王子様の命を奪いなさい。そうすればマリーナは人魚に戻れるのよ」お姉さんたちからナイフをもらったマリーナは王子様の背後でナイフを構えます。しかし、構えたナイフを下ろします。マリーナには、どうしても王子様の命は奪えなかったのです。

copyright(c) 2014-2018 GEKIDAN TOHSHOU All rights reserved